角質層のターンオーバーが美肌へのポイント

洗顔石鹸を選ぶ時に、美肌になりたいという効果を期待されている人も多いかもしれません。女性ならお肌が美しいと言うのは憧れますからね。その美肌には、お肌の構造のうち皮膚の最上層である角質層が、肌を刺激から守るバリア機能を担っています。この角質層と言うのは、硬いケラチン線維が何層も重なって出来たものになります。これは時間が経過すると外側から剥がれ落ちていくものです。

一番外側の角質が剥がれ落ちた時、一番内側に新しい角質細胞ができるというのが理想的なお肌のサイクルと言われていて、お肌のターンオーバー、新陳代謝とはこの状態の事を指しています。お肌のターンオーバーを助けてくれる洗顔石鹸とは、古くなった角質だけを優しく取り除いてくれるタイプの洗顔石鹸のことですね。また、お肌の角質層を保護するために肌表面を覆っている皮脂を取りすぎないこともとても大切な事になります。角質層が乱れて薄くなってしまうと、お肌を守るバリアが薄くなっているのと同じ状態となり、色々な刺激にお肌がさらされてしまい、お肌のトラブルの原因になります。でも古い角質層が剥がれ落ちないまま蓄積されていくと、お肌にゴワゴワ感があったり、透明感が無くなったりしてしまうのです。

そして古い角質と皮脂が混ざったものが毛穴に詰まると、アクネ菌などで炎症を起こしやすくなり、ニキビの原因になってしまうのです。このお肌のターンオーバーを正常にしていき、古い角質を適切に取り除いていくことが美肌への第一歩とも言えるのです。